整形手術とは

整形は韓国などで流行っていて、日本でもプチ整形は当たり前になるくらいです。今は、円高でより安く受けることができるようで、韓国へ受けに行く方がいるようですよ。
では、整形手術の起源をたどってみたいと思います。
外科手術としての整形手術は、もともとは運動機能や身体構造に先天的にある異常を正すために行われる手術でした。臨床的な医療としての整形手術は、この頃は、美を求める人が外見を美しくするために行うものです。整形手術という言葉は一般の人が呼んでいる名称で、医学では、美容外科手術と呼ぶべきものです。
経済の発達や医療の拡張によって、整形手術への需要は年々高まっていっているようです。美容外科を取り扱っている病院とどのようなところでしょう。
美容外科は、形成外科の1つのジャンルであるという考え方もあります。大規模な病院では形成外科内に美容外科があるようですが、これは、そのような見方に依って立つものです。けれど、美容外科のルーツを辿ると総合病院などでの技術開発よりは、個人で開業している美容外科医師によるものが大きく、大きな病院での取り組みはもっと時代が下ってからです。
そもそも、1978年までは病院が看板に入れることができる診察可能な診療科名称には美容外科という科目名は認められていませんでした。整形外科や形成外科に美容外科的な内容が含まれていなかったことなとが原因です。現在では、美容外科を表す言葉として形成美容外科や美容整形外科という単語も使われます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。